太陽オートガイダーHINODE

 太陽観測・撮影専用に開発されたオートガイダー。
 それが「HINODE」です。
 Hαフィルターを通して見るプロミネンスやフレア、ダークフィラメントに見せられた太陽ファンが急増している昨今。
 「HINODE」はそんな人たちのためにロサンゼルスからやってきました。
 店頭展示してます!!

なぜ太陽観測・撮影にオートガイダーなのか?
 太陽の移動速度は恒星とは違います。そのため普通の赤道儀で追尾させても太陽はどんどんずれていってしまい、視野中央に捉え続けるには頻繁に補正を加える必要があるのです。「HINODE」を使えばそんな普通の赤道儀でも太陽の精密な追尾観測・撮影が可能となります。  
太陽オートガイダー「HinodeSG」 \93,400(税別)注文する
ビクセン互換ファインダー台座対応
LUNT用アダプター\9,800(税別)注文する
コロナド用アダプター\9,800(税別)注文する
HinodeSGセット HinodeSGアダプター
太陽オートガイダーHINODE本体
「HINODE」の両目が太陽を捉え続けます
 では太陽時追尾モードを搭載した赤道儀なら万全でしょうか?そんなことはありません。正確な追尾をおこなうためには正確に極軸が設定されていることも重要となるからです。しかし、昼間は北極星が見えないため極軸望遠鏡を使った設置ができないことが悩みのタネ。南向きのベランダでの観測ではなおさらです。「HINODE」ならば方位磁針や角度計でアバウトに極軸をあわせておくだけで、正確に太陽を追尾してくれます。

 ●こんな方にオススメ
  恒星時駆動モードしかない赤道儀で太陽を楽しみたい。
  ベランダで手軽に太陽観測・撮影をしたいが、北極星が見えない。
  太陽がセンターから外れるたびに頻繁に調整が必要になって煩わしい。
  皆既日食、金環日食で写野中心に太陽を捉えたままビデオで連続撮影したい。
  学校の理科の指導で、太陽観測をスムースにおこないたい。
太陽オートガイダーHINODEコントローラー
コントローラーによる簡単操作でガイド可能
 皆さんが最も興味があるのはHinodeSGのガイド精度でしょう。もちろんガイドには赤道儀のバックラッシュ、極軸設定精度、シーイングなど様々な要因が影響を与えます。では、実際のガイド画像をご覧いただきましょう。右の動画は1秒角の分解能をもつHinodeを使用して10fpsで撮影しています。シーイングによるふらつきは撮影時の状況により変わりますが、3時間にわたる撮影でもしっかりと太陽を捉えていることがおわかりいただけると思います。 太陽オートガイダーHINODE動画
HinodeSGでオートガイドした太陽動画
 三基光学館の日本代理店保証は1年間です。


お問い合わせはこちらから
トップページへ戻る